個人サイトの強い味方ランキング&サーチ

こんにちは、塩羽間つづりです

転生マーメイド!の話数が増えてきたので、小説サーチ&ランキングサイト様に登録させていただきました。

ランキングやサーチサイトをご存知ない方もいらっしゃると思うので、解説&ご紹介させていただきますね。

小説サーチ&ランキングサイトとは?

現在、小説家になろうといった投稿サイト様が主流ですが、そこで作品を探せる機能があると思います。

サーチサイトとは、かなり細かくカテゴリ分けがさている、小説専用の検索サイトです。

小説家になろうやカクヨムに登録していない、個人勢が利用していることも多いです。

小説家になろうなどがない時は、それぞれがサイトを持ち、そこで小説を公開して、検索用のサーチサイトに作品を登録をしていました。

ネット小説を広めるきっかけになった、『ソードアートオンライン』なんかも個人サイト出身ですね。
よくなろう系と勘違いされていますが、この作品は、別作品で電撃大賞で受賞し、個人サイトの作品も知った編集者がそちらも出版しようと提案したところ、大ヒットした、という感じですね。

当時から個人サイト愛好者の中では有名だったそうです。

さて、話がずれましたが、サーチサイトは、個人サイト勢の強い味方なのです。

個人サイトのお話を探してみたい!という方は、サーチサイトを使うのもいいと思います。

まれにものすごい好みのお話に出会うことがありますよ!

ではさっそく、今回私が探した中で、現在も運営中のサーチサイト様をご紹介しますね。

サーチサイトの数も減ったので、今も運営してくださっているほかのサーチサイトもご存知でしたら教えてくださいませ。

恋愛小説中心のランキング&検索サーチサイト 『恋愛遊牧民R』

さて、まずは恋愛遊牧民Rのご紹介です!

こちらのサイト様は、恋愛小説を中心とした検索ができます。

サイト単位ではなく、作品単位の登録となるため、好みのお話をピンポイントで探せます。

ちなみに、こちらは元はR作品専用でした。
そのため、Rの文字がついています。

現在は、全年齢向けのサイトを閉鎖なさるとのことで、恋愛遊牧民Rに統一するそうです。

そのため、当サイトの転生マーメイド!もこちらに登録させていただいています。

あえてデメリットをあげるのなら、スマホ対応が完全ではないところでしょうか。
見れるのですが、若干の見づらさはあります。ですが、基本的にサーチサイト様はその傾向が強いので、慣れると思います。笑

そのあたりを気にしなければ、さまざまな作品を検索できる良サイト様です。

とくに、サーチサイト様が閉鎖していく中で、現在も続けてくださっています。

本当にありがたいことですね!

女性向け作品を書いていらっしゃる方は、登録してみるのはいかがでしょうか?

恋愛遊牧民Rはこちらから!

オリジナル長編小説が探せるランキング&サーチ『Wandering Network』

さて、次はオリジナルの長編小説が検索できるWandering Network です。

こちらのサイト様は、男性向け女性向け問わず登録ができます。
小説家になろう様掲載作品なども登録できるようですね。

傾向としては、ファンタジー作品が多い気がします。

ファンタジー・恋愛・SFが多そうですが、ミステリやホラー歴史もあります。

デメリットは、やはりスマホだと若干見づらいところでしょうか。
ですが、検索などは問題ないので、やはり慣れだと思います。笑

ランキングの仕組みは以下のようになっているそうです。

OUTは登録された作品URLに飛んだ方の数、INは登録サイトから逆アクセスランキング用URL(新規登録完了通知に書かれています)を通して当検索エンジンに飛んだ方の数です。

Wandering Network

個人サイト勢の皆様はぜひ登録してみてはどうでしょうか?

Wandering Networkの登録はこちらから!

スマホ対応もしているオリジナル小説検索サイト『小説の匣』

つづいては、サーチサイト様ではかなりめずらしい、スマホ対応の小説ランキング&サーチサイト様です!

2020年にリニューアルされたそうで、そのときにスマホ対応されたのかもしれませんね。

こちらも、オリジナル小説が検索できます。

やはりファンタジーや恋愛が多そうな感じもありますが、カテゴリ分けがかなり細かいので好みのお話を見つけやすいと思います。

人気ランキングもトップにあるため、そちらから探すこともできますね。

メインは個人サイトやブログで小説を掲載している作品なので、個人サイト運営の方はぜひ登録してみてくださいませ。

小説の匣の登録はこちらから!

最後に

さてさて、今回は小説のランキング&サーチ専門サイト様をご紹介いたしました!

投稿サイト様よりかは、作品数は少ないかなと思います。

ですが、個人的にサーチサイト様を利用している方は、昔から小説を書いていた方が多い印象ですので、思わぬ名作を見つけやすいと思います。

昔の猛者たちは、かたっぱしからサーチサイト登録作品を読むなんてこともしていたそうですが、それもそれで楽しそうですよね。

私も時間があるときに、好みのお話を探してみます。

見つけたら、またご紹介させていただきますね!

それでは、ここまでお読みくださり、ありがとうございました!

サイトの作り方などは以下でご紹介しています。ご参考までにどうぞ!

スポンサーリンク