小説個人サイトをWordPressで作る〜機能&トップページ編3

こんにちは、塩羽間つづりです!

今回は、具体的にワードプレスをどのように小説サイトとして利用していくのかを解説いたします。

基本的にインストール済みとして行っていくので、インストール方法がわからない〜という方は、各サーバーの説明や、グーグル検索をご利用くださいませ。

今回は画像が多めですので、表示が重くなるかもしれませんがお付き合いくださいませ。

それでは見てみましょう!

サイト全体のデザインを決める

まずはサイト全体のデザイン……つまり、必要な機能を洗い出しましょう。

基本的には、トップページ・更新情報・小説目次・小説本文といった形で問題ないかと思います。

ほかに欲しいものがありましたら書き出しておいてください。

小説サイトは、トップページから小説ページ(1話、2話・・・といったページ)にいき、さらに本文に移る、という構造が定番です。(トップに1話2話と掲載してもいいですね。どちらでも大丈夫です!)

今回は、トップページ→タイトルや話→本文という表示方法で作っていきます。

必要な機能が書き出せたら、まずテーマを決めます。

テーマというのは、WordPressでいうテンプレートのことです。

左に数々の機能があると思いますが、そこの『外観』にカーソルを合わせると、一番上に『テーマ』があると思います。クリックすると、このような画面になると思います。

ここには、現在インストールされているテーマが並びます。

私は有料テーマ『SANGO』を利用しているので、このような感じです。

無料テーマのおすすめは、cocoonでしょうか。

こちらは利用しているユーザーもそれなりにいらっしゃるので、カスタマイズの方法が検索しやすいです。

それとは別に、創作おすすめテーマもありましたのでご紹介します。

創作に特化したテーマのようですね。無料で使えるようですので、こちらを利用するのもいいかもしれません。

ちなみに、上の画像を見たいただくとわかるのですが、WordPressには、親テーマと子テーマがあります。

親テーマとは?

親テーマは大元のテンプレートで、デザインのコードなどが書かれています。

テーマを配布してくださっている方が、デザインのコードを記述しています。基本的にいじりません。

親テーマはたびたびアップデートがあります。

たいして、子テーマはカスタマイズ専用と思って大丈夫です。親テーマに紐づいているので、基本的に親テーマの内容が表示されるのですが、子テーマにカスタマイズを記述していた場合は、子テーマが優先される、といった形です。

大元のテーマをいじらなくても安全にカスタマイズできますよ〜と言った機能です。
また、頻繁にアップデートとかがあると、親テーマに直接書くとカスタマイズした内容が消えると言ったこともあるので、それ防止でもあります。

基本的にテーマと一緒に配布されていることが多いですが、WordPress内からテーマを選んだ場合はその限りではないので、子テーマの作り方を検索するといいかもしれません。

だんだんと難しくなってきましたね

簡単にまとめますね!

WordPressにはテンプレートがあるので、好きなのを選ぶ。

そのテンプレートのカスタマイズ用テーマを作成(子テーマ)。配布されている場合はそれを使用。

これで、基本設定は完了です!

テーマによって使える機能が微妙に違ったりするので、いろいろなテーマをご参考くださいませ。

私の使っているテーマのサイトも一応ご紹介しておきますね。
ワードプレスの使い方も載っていたりするのでご参考くださいませ。

有料テーマは基本的にちょっとお高いですので、利用しなくても大丈夫だと思います。

ワードプレスの機能と、小説サイトとして使う機能を理解する

ではさっそく、ワードプレスのどの機能が、小説サイトのどの機能にあたるかをご説明します。

基本的に使うのは、固定ページ・投稿・カテゴリー・おまけでタグです。

小説の本文ページが投稿にあたります。

小説のタイトル(本棚のようなもの)がカテゴリーです。

サイトトップページ、小説目次が固定ページ。

ジャンルがタグです。

画像で紹介しますね!

固定ページ

このように、サイトのトップページや必要機能を作っています。
小説の目次を表示するページは以下のような感じです。

カテゴリー

カテゴリーはこのような感じです。

カテゴリーを作品として利用しています。本棚のような感じです!

親カテゴリーにタイトル・子カテゴリーに一章、二章と言った形で作っています。スラッグはURLのことです。

先ほどの固定ページとはどう違うのかですが、固定ページはあとで目次として表示するページです。
こちらのカテゴリーは、分類分けといいますか、こちらで分けたのを固定ページに出力して目次として利用します。

転生マーメイド

こちらは固定ページです。

転生マーメイドの固定ページの中は以下のようになっています。

ちなみに、こちらはテーマ専用機能の『記事一覧』を使っていますが、標準の記事一覧でも同じように表示できますので、そちらをご利用くださいませ。

基本的にはカテゴリーで指定して、作品一覧を表示するといった感じです。

投稿

投稿は、このような感じで小説本文をガツガツ投稿していきます。

基本的に作品ごちゃ混ぜです。

カテゴリー指定することで、その作品だけの一覧が表示されます。が、正直一度投稿した作品は誤字脱字などの修正以外いじることがないので、ごちゃまぜでもあまり問題はありません。

こんな感じで、タグは1話にのみ設定しています。

というのも、本当は固定ページ(小説目次)にタグ付けしたかったのですが、固定ページにはタグやカテゴリーがないのです。そのため、1話にのみタグ付けし、『恋愛』のジャンルを選択した時に作品の1話だけ表示されるようにしています。

実際の投稿画面は以下のような感じです。右にあるカテゴリー欄から、今書いている作品のタイトルを選択します。

ワードプレスの投稿で注意することは、一応アプリもあるのですが、改行があまり上手くいきません。

必ず段落になってしまうのです。(この上下の空間はだんらく)

段落なし改行はこんな感じ。
Macは、Shift+returnで段落なしの改行ができます。

また、別のファイルで書いていてコピペするときも注意です。Macはプレーンテキストのコピペでしたら書いた通りの文章で出力されました。(段落なしの改行もそのまま)

さらに、空白を多めにとって文章を書く方は要注意です。
というのも、ワードプレスの文章は基本的にブロックという塊で構成されているのですが、改行が基本的にひとつしか反映されず、空白をスペーサーというもので指定する必要があります。

ワードプレスで運営する場合、ここがかなりめんどうかなぁという印象です。
あまり改行しない場合は問題ないです。

楽さでいうと、やっぱり投稿サイトですね。

ワードプレスの改行の仕組みを丁寧にご紹介しているサイト様がありましたので、リンクしておきます。
ご参考くださいませ。

また、投稿やブロック装飾を詳しく解説してくださっているサイト様もありましたので、こちらもリンクしておきますね、あわせてご参考くださいませ。

タグ

タグはこんな感じです。ジャンルを指定している感じですね!スラッグ日本語混ざってしまっていますが、英数字のがいいと思います!

トップページをつくる

おまたせしました!
トップページの作り方をご説明します。

まず、ワードプレスは初期設定のままだと、ブログのような感じで記事がばーっと表示されます。

それを、サイト型のようにして、自由にリンクを作っていきます。

利用するのは、固定ページです!

まず、固定ページの新規作成から、トップページ用のページを作ります。とりあえず中身は空っぽで大丈夫です。

そうしましたら、左に色々並んでいるメニューの中から、『設定』にカーソルを合わせてください。色々出てきたら、その中の『表示設定』をクリック。

すると、以下のような画面になります!

ここで、サイトをどう表示するかを選べます。

最新の表示・・・ブログ型(このさくら雑記ブログのトップページはこちらです)

固定ページ・・・選択した固定ページをトップページとして表示できます。(さくらメモリーはこっち)

表示をもちろん固定ページにして、先ほど作った中身空っぽのトップ用固定ページを選択します。

これで、準備完了です!あとは、トップページとして固定ページの中に自由に作っていきます。

なお、その下の投稿ページというのは、トップを固定にしたことで表示できなくなった新着記事一覧をどこのページで表示するかを選べます。
なので、新着記事もどこかで利用する場合は、固定ページに新着記事用の空っぽのページを作り、ここで選択します。中身は空っぽで大丈夫です!勝手に記事がそのページ内に出力されます。

検索避け

版権の同人サイトを運営される場合は必須になる設定ですね!

上の画像の一番下に、『検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする』という項目があると思います。

それにチェックをいれるだけで大丈夫です!

どうしても心配な時は、他にもクローラーを拒否するコードとかがあるので調べて記述してくださいませ。

トップページの中を作っていく

トップ用に指定した固定ページの中を自由に作っていきます。

ここは、作者さんによって個性がかなりでるところですね!

なので、具体的にこうというのはないのですが、あったほうがいい機能をさくっとご紹介しますね。

おすすめ機能
  • メニュー
  • 小説ページへのリンク(作品タイトルやあらすじがさらっとあるといいかも?)
  • 注意書きページへのリンク
  • 更新履歴
  • お知らせ
  • メモや日記を置くならそのリンク

こんな感じでしょうか?

小説サイトは小説メインなので、小説へのリンクは必ず必要です。
更新履歴もあったほうが親切ですね。

その他はあってもなくてもいいですが、基本的にトップページからすべてのページにリンクがつながっていると親切かなと思います。

更新履歴の作り方

これは、小説目次にも通じるのですが、ブロックの中から『最新の投稿』を使うことで自動表示できます。

ただし、これだとどの作品のものかわからないので、私はアイキャッチ画像に作品タイトルを表示させ、更新履歴に一緒に表示させています。いろいろ試行錯誤したのですが、このやり方が一番簡単でした。

これでしたら、投稿に小説を追加すれば、自動で表示されるようになります。

小説目次は、これをカテゴリー指定にし、表示順を過去からにすれば大丈夫です!

トップページの中のデザインは、どのテーマを使うかでも変わってくると思うので、いろいろ検討してみてくださいね!

私の場合はがっつりテーマオリジナル機能を使っています。そのため、あまり参考になるご紹介ができず、すみません。

テーマオリジナル機能というのは、以下のようなものです。

それぞれのテーマにオリジナル機能があったりすると思うので、それを利用したり、画像を入れたりして自由にサイトをデザインしてください。

それでは次は、小説一覧ページと本文ページのご紹介をします!

次回くらいで基本的な説明は終わりだと思います!

それではまた次回!

作り方記事のリンク一覧を貼っておきますね〜

最後におすすめサーバーまとめも!詳細は記事をご確認くださいませ

サーバーとドメイン情報まとめ

タイプ料金おすすめ度注意項目個人的感想!
エックス
サーバー
サーバー月990~
(初期費用無料・
ドメイン無料特典あり)
R系が×(?)定番サーバー!迷ったらここ!
使っている人も多いので、困ったら検索で対応可能
ロリポップ!サーバー月220円〜 R系が×(?)
同人特化型の印象があるので
お目こぼしも多数…
初期費用が1650円
同人特化な印象!
同人サイト運営初期はここから始めている人多数
ConoHa
WING
サーバー最安値の月660円~
(3年まとめて払い時)
R系不明…たぶん×?今勢いのあるサーバー!
有料テーマ割引・ドメイン二つ無料など本格派におすすめ!
カラフル
ボックス
サーバー月792円~
1年まとめ払い月638円
3年払い月528円
R系可!
(一番安いプランは不可)
私が使っているサーバー
Rサイト作成も可能で、操作も簡単なので個人的にはおすすめ!
XFREEサーバー無料! R系不可?エックスサーバーの無料版!
Xserver
ドメイン
ドメイン.com
1年1200円~
取得料と更新料は別エックスサーバーのドメイン版
お名前.comドメイン.com
1年1408円~
取得料と更新料は別
ドメインを移管時のwhios代行が有料
定番だけど注意点もあるので要確認!
ムームー
ドメイン
ドメイン.com
1年1600円~
取得料と更新料は別ロリポップを12ヶ月以上契約するとずっと無料!
ラインナップ
スポンサーリンク